ライターアテナミの頭の中

ライターのお役立ち情報、転職活動、英語学習お役立ちコラムを掲載中 海外在住生活について書いています

海外で働くための8つの方法(王道編)

久しぶりの更新となりました。今回は海外で働くための方法についてお話ししたいと思います。これもボツとなった記事なのですが、海外生活でひねり出した働く方法なのでぜひ読んでください♪

海外で働いてみたいと漠然と考えたことはありませんか。そして考えた次の瞬間に自分には遠い世界だなと意気消沈していませんか。私も同じような経験があります。しかしながらグローバル化が進んだ現代では、海外で働くための常識を超えるさまざまな方法が存在します。今回は海外滞在中の身だからこそ気がつける海外で働くための方法についてお話しします。

 

これこそ王道 日本でグローバルメーカー、商社に転職し海外駐在を狙う

この方法が最も王道で最も安全な方法です。なぜなら日本での安定した職もありつつ、海外駐在を数年経験することができるからです。ただし転職できたからといって必ずしも海外駐在できることが保証されているわけではありません。とはいえ、海外で働くには海外駐在が経済面、精神面で楽です。なぜなら多くの会社は海外駐在の際には海外手当てが厚くしてあるため、海外駐在中は手取り給与が倍になることもザラです。オフィスにも日本人が多くいるので初心者でも安心して働くことができます。

そして基本は治安の良いところにオフィスが構えてあるので安全です。海外駐在地が気に入れば、そこから現地の会社に転職することもできます。グローバルメーカー、商社と聞くと有名どころを想像し、転職ができないとひるんでしまうかもしれませんが、B to Bのマイナーメーカーや専門商社でも多くの海外駐在のチャンスが存在します。

転職サイトでも海外勤務の有無でフィルターがかけられ、転職サイトに登録さえすれば数多くのシークレット求人を見ることができます。転職の際にはTOEIC700点以上は必要で、できれば800点は欲しいですが、それらのスコアはやる気さえあれば数年で誰でも取れるスコアです。あとはその他の転職できるスキルがあれば問題ありません。そのためこれこそが王道の方法と言えるでしょう。

日系企業の海外現地法人枠へ転職

日系企業の海外現地法人の日本人採用枠が存在することをご存じですか。こちらも転職サイトで日本語で検索と応募が可能です。一番目に話した方法より多くの求人が見つかり、確実に海外で働くことができます。ただし給与は現地水準となり、今はアジアでの求人が多いため、日本より給与はガクッと下がります。英語は日常会話が問題ないレベルでできることが必要でしょう。現地語もできるとなおよいでしょう。

海外現地法人の日本人枠については、海外駐在をおける体力のある日系企業は海外現地枠で日本人を雇わないため、規模の小さい企業が募集を行います。そしてわざわざ海外現地法人で日本人を雇うということは、日本人だからこそできることを求められます。現地での日本語コンテンツの作成、日本人人材派遣業、工場管理、生産品質管理などです。よってフリーペーパーの編集、webプログラマーや品質管理などといった経験を持っていると、比較的容易に転職が可能です。ただし、労働契約は一年契約の年俸制が多いようです。そのため不景気になった場合、能力が見合わないと即レイオフです。そのため日本で働くよりも覚悟が必要です。

日本食レストランへ転職

日本食は日本に住んでいる日本人が思っている以上に世界で大ブームです。そのため、どこの国でも絶えず日本食レストランの求人が出されています。未経験であってもOKという大判振る舞いです。しかもわざわざ労働ビザの用意をしてくれる会社も多く見られます。日本語でもインターネットで検索すれば世界各国の採用情報の収集がができます。職業にこだわりがなく、とにかくすぐにでも海外で働きたい人にオススメです。

その際には話題になっている日本で数カ月で取得できる寿司職人のトレーニングを受けていくと、さらに待遇の良い求人に応募が可能です。

続きは次の記事で・・・

これまで3つの王道である方法をご紹介しました。次回からはちょっとした裏技を含めてご紹介します。

 

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ブログブログへ にほんブログ村